未分類

道糸・PEのメリットとデメリット

道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。

・ナイロン
・フロロカーボン
・PE

この3つの種類のうち、一番安価で手ごろな値段がナイロンです。

値段の安い順に並べると
ナイロン ⇒ フロロカーボン ⇒ PE となります。

スポンサードリンク

 

 

■PEのメリット

・伸びない
・軽いので沈まない
・ほとんど劣化しない

使っていても、ほとんど劣化しないので、回数行く人は断然PEがオススメです。
また、伸びないと言うのもいいですね。

ナイロンは、伸びるので数回使っただけでも、部分的に細くなっていて
船釣りでは、海水による劣化もあるので、コストパフォーマンス的にもナイロンは使えません。

 

■PEのデメリット

・摩擦に弱い
・超高い

摩擦に弱いので、防波堤で釣りする場合には注意が必要です。
防波堤の壁などで、すれてしまうと傷が入り、その部分が弱くなります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 未分類

    カレイ釣りを始めよう♪PART2 ~竿を2本だして確率をあげてみる~

    前回の「とりあえず釣りに行ってみる」で、カレイは「待ちの釣り」と勉強…

  2. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪PART4 ~本格的に道具をそろえるぞ♪糸(ライン)編~

    前回の「本格的に道具をそろえるぞ♪リール編」に引き続き、今回は糸(ライ…

  3. 未分類

    カレイ釣りを始めよう♪PART1 ~とりあえず釣りに行ってみる~

    何はともあれ、道具も揃ったし釣りに行かねば!!と、砂浜に向けて釣りに…

  4. 未分類

    カレイ釣りを始めよう♪PART6 ~地元の漁師さんは最高の情報源~

    前回の「カレイ釣りを始めよう♪PART5 ~狙ったポイントで朝マズメ~…

  5. 未分類

    道糸・ナイロンのメリットとデメリット

    道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。・ナイロン…

  6. 未分類

    テンヤ釣りを始めよう♪PART1 ~テンヤ釣りとは?~

    テンヤ釣り?たぶん聞いたことがない人が多いと思います。鯛(タイ)釣り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. シーフロアコントロール

    クランキー(シーフロアコントロール)の使用感と釣れた魚とその状況
  2. 10月

    ジギング釣果★1投目のフォール中(中層)でアタリがありました★サゴシ50cm★佐…
  3. 3月

    アジング釣果★岸から5メートル付近の中層でアタリがありました★豆アジ13cm★福…
  4. 1月

    ジギング釣果★底から2メートル(3シャクリ目)ぐらいでアタリがありました★ヒラマ…
  5. 3月

    アジング釣果★セイゴが来た(汗)!岸から2メートル付近の中層でアタリがありました…
PAGE TOP