未分類

道糸・ナイロンのメリットとデメリット

道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。

・ナイロン
・フロロカーボン
・PE

この3つの種類のうち、一番安価で手ごろな値段がナイロンです。

値段の安い順に並べると
ナイロン ⇒ フロロカーボン ⇒ PE となります。

スポンサードリンク

 

 

■ナイロンのメリット

・安い
・巻き癖がつきにくい
・伸びる

何よりも安いのが一番のメリットでしょう。
その他、伸びると言うのは釣りの方法によって、メリットにもなればデメリットにもなると言う感じです。

 

■ナイロンのデメリット

・紫外線に弱い
・劣化が早い
・数回ごとにラインを変えないといけない

私の場合は、30センチ以上の中型・大型をメインに釣りしているので、
ラインの劣化はナーバスになります。

船釣りに行く時は、3回に1回ぐらいの頻度でラインを新しいのにかえていました。

また、フロロカーボンに比べて沈みにくいので、特に船釣りなどで棚を取る釣りの場合は
使いづらいという印象があります。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪投げ方編PART3 ~タラシは長めにとる~

    前回の「投げ釣りを始めよう♪投げ方編PART2 ~投げの構え~」に引き…

  2. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪PART6 ~道具を揃える★おもり編~

    前回の「力糸ってなんだよ編」に引き続き道具をそろえていきます。あとは…

  3. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪投げ方編PART4 ~投げのイメージは上空へ飛んで行け~

    前回の「投げ釣りを始めよう♪投げ方編PART3 ~タラシは長めにとる~…

  4. 未分類

    釣り道具解説★ハリスとは?

    ハリスとは、仕掛け(釣ハリなど)を結ぶ糸を言います。リール⇒道糸⇒ハ…

  5. 未分類

    テンヤ釣りを始めよう♪PART6 ~テンヤおもりのカラーリング~

    最終的には上のような感じになります。おもりと仕掛けで市販されている…

  6. 未分類

    カレイ釣りを始めよう♪PART1 ~とりあえず釣りに行ってみる~

    何はともあれ、道具も揃ったし釣りに行かねば!!と、砂浜に向けて釣りに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. シーフロアコントロール

    クランキー(シーフロアコントロール)の使用感と釣れた魚とその状況
  2. 1月

    ジギング釣果★底から2メートル(3シャクリ目)ぐらいでアタリがありました★ヒラマ…
  3. 11月

    ジギング釣果★底から5メートルぐらいでアタリがありました★アラ45cm★佐賀県唐…
  4. 10月

    ジギング釣果★下から3シャクリでアタリがありました★アラ(クエ)43cm★佐賀県…
  5. 12月

    ジギング釣果★底から30メートルぐらいでアタリがありました★サワラ83cm★佐賀…
PAGE TOP