未分類

テンヤ釣りを始めよう♪PART8 ~ラインはPE?フロロカーボン?~

テンヤ釣りは基本ライトタックルです。

バス釣りのプロからテンヤ釣りに転向したプロがいるぐらいですので、
バス釣りと似ているところがあるのでしょう。

 

私の経験から行くとラインはPEの方がコストパフォーマンスがいいです。

 

フロロカーボンを使っていた時は、3回に1回ぐらいの頻度で
ラインを交換しないと、潮での劣化や傷みがでてしまい、
大物がかかった時に、ラインブレイクしてしまったこともあります。

 

では号数は?
「続きを見る」でご説明します。

 

スポンサードリンク

 

 

テンヤ釣りの大敵は、潮の流れです。

 

潮の流れに負けないような重いおもりを使えばいいんじゃないの?
となるのですが、ライトタックルなので、おもりを重くすればするほど
竿へ伝わる魚の反応を打ち消してしまい、アタリが取れなくなります

 

水深50メートルぐらいのところで釣るので、魚の反応は竿頼みです。

 

おもりを重くすれば釣れづらくなりますので、できるだけおもりを軽くして
潮に流されないようにするために、ラインは限りなく細いものを選びます。

 

8本編みのPEラインだと0.6号、4本編みのPEラインだと0.8号ぐらいが適度なところです。
8本編みのPEラインは「えっ!!」と言うぐらい高いので、私は4本編みの0.8号を使用しています。

 

フロロカーボンだと2号から2.5号がいいようですが、やはりラインが太いので
潮の影響をガッツリ受けることになり、潮の流れが早いところだと釣りにならないということもあります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 未分類

    道糸・PEのメリットとデメリット

    道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。・ナイロン…

  2. 未分類

    カレイ釣りを始めよう♪PART3 ~実績のあるポイントで釣ってみる~

    前回の「竿を2本だして確率をあげてみる」の反省で考えた下の4つの項目…

  3. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪PART4 ~本格的に道具をそろえるぞ♪糸(ライン)編~

    前回の「本格的に道具をそろえるぞ♪リール編」に引き続き、今回は糸(ライ…

  4. 未分類

    テンヤ釣りを始めよう♪PART2 ~テンヤ釣りを知る~

    一番手っ取り早くテンヤを知るには、みてもらうのが一番だと思います。…

  5. 未分類

    釣り道具のメンテナンス★使った後の仕掛けの保管法

    釣りは道具のメンテナンスが大事!!これは私釣りの師匠である「鯛釣り迷…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 10月

    ジギング釣果★底から22メートルぐらいでアタリがありました★サワラ92cm★佐賀…
  2. 11月

    ジギング釣果★底から5メートルぐらいでアタリがありました★アラ45cm★佐賀県唐…
  3. 10月

    ジギング釣果★底から3メートルぐらいでアタリがありました★真鯛63cm★佐賀県唐…
  4. 1月

    ジギング釣行前のワクワク予想★2018年1月20日の釣行前に釣り方を考えて組み立…
  5. 1月

    ジギング釣果★底から5メートルぐらいでアタリがありました★真鯛27cm★佐賀県唐…
PAGE TOP