未分類

釣り道具のメンテナンス★竿・リール・仕掛けの洗い流し

釣りから帰ると、疲れているのであまりやりたくないのが道具のメンテナンス。

それでも、やらないと魚は釣れないと師匠から教わったので、
毎回、釣りから帰ると釣り道具一式すべて水洗いします。

2014-02-15 11.07.47_1120x840

 

竿は、潮がついたままにしていると、ガイドがさびたり
竿のテンション(しなり)が悪くなるらしく、シャワーで潮を洗い流して、タオルで水気を拭き取り、ベランダで天日干しします。

スポンサードリンク

2014-02-15 11.06.46_1120x1493

 

リールは、投げ釣りは特にですが、リールにとって大敵の砂が入りこんでいる可能性があるので、即座に丸洗いします。
師匠いわく、ラインも潮が付いているので、全部出して水洗いしたほうがいいらしいのですが、巻き取り用の道具を持っていないので
ライン全体にいきわたるように入念にシャワーで洗い流します。

2014-02-15 11.07.03_1120x1493

 

仕掛けも同様、潮がついたままにしていると、真っ先に錆びるのが仕掛けです。
おもりの鉄の部分や、仕掛けのハリの部分は特に錆びがきやすいので、入念に潮を洗い流します。

 

その他、長靴や竿立てなど潮がついたままだと劣化しそうなもの。
というよりほぼ全部洗ってますw

 

面倒でも疲れてても、これは絶対に欠かさずやるようにしています。

私の持論「釣りは道具の質じゃない
師匠の持論「釣り道具を大事にしない人には魚は釣れない」です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 未分類

    テンヤ釣りを始めよう♪PART3 ~自作のテンヤ仕掛け~

    テンヤの仕掛けはAmazonなんかでみると、だいたい1つ500円以上し…

  2. 未分類

    テンヤ釣りのアワセとアタリについて教えてください。[テンヤ釣り・質問コーナー]

    ■質問一つテンヤ真鯛のアタリとテンヤについての質問です…

  3. 未分類

    道糸・フロロカーボンのメリットとデメリット

    道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。・ナイロン…

  4. 未分類

    釣り道具解説★道糸とは?

    道糸=ラインと言う場合もあります。道糸とは、リールに巻かれている糸(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 1月

    ジギング釣果★底から5メートルぐらいでアタリがありました★真鯛27cm★佐賀県唐…
  2. 10月

    ジギング釣果★1投目のフォール中(中層)でアタリがありました★サゴシ50cm★佐…
  3. 10月

    ジギング釣果★底から5メートルぐらいでアタリがありました★海のスプリンター・ヒラ…
  4. 3月

    アジング釣果★やっと本命アジ!岸から7メートル付近の中層でアタリがありました★豆…
  5. シーフロアコントロール

    クランキー(シーフロアコントロール)の使用感と釣れた魚とその状況
PAGE TOP