未分類

道糸・フロロカーボンのメリットとデメリット

道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。

・ナイロン
・フロロカーボン
・PE

この3つの種類のうち、一番安価で手ごろな値段がナイロンです。

値段の安い順に並べると
ナイロン ⇒ フロロカーボン ⇒ PE となります。

スポンサードリンク

 

 

■フロロカーボンのメリット

・吸水しない
・適度に伸びる
・重く沈みやすい
・耐久性がある

フロロカーボンを道糸にする釣りは、バス釣りが多く「lb(ポンド)」で表示されます。
海釣りの場合は、道糸にフロロカーボンを使うことはほとんどなく、ハリスとして使用されます。

 

■フロロカーボンのデメリット

・結構、高い

デメリットは高いぐらいですかねw
海釣りの場合、ハリスとして使用するので、50メートル巻きを1個買っとけば
ほぼ1年ぐらいは持ちます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. 未分類

    カレイ釣りを始めよう♪PART3 ~実績のあるポイントで釣ってみる~

    前回の「竿を2本だして確率をあげてみる」の反省で考えた下の4つの項目…

  2. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪投げ方編PART3 ~タラシは長めにとる~

    前回の「投げ釣りを始めよう♪投げ方編PART2 ~投げの構え~」に引き…

  3. 未分類

    テンヤ釣りを始めよう♪PART8 ~ラインはPE?フロロカーボン?~

    テンヤ釣りは基本ライトタックルです。バス釣りのプロからテンヤ釣…

  4. 未分類

    道糸・PEのメリットとデメリット

    道糸に使うラインの種類は大きく分けて3つあります。・ナイロン…

  5. 未分類

    投げ釣りを始めよう♪まとめ~これだけあれば始められる~

    投げ釣りを始めるのに必要な道具をまとめます。■竿(ロッド) だい…

  6. 未分類

    テンヤ釣りを始めよう♪PART3 ~自作のテンヤ仕掛け~

    テンヤの仕掛けはAmazonなんかでみると、だいたい1つ500円以上し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 3月

    アジング釣果★ちびメバル!岸から7メートル付近の表層でひっかけました★メバル8c…
  2. 4月

    アジング釣果★岸から15メートル付近の中層でアタリがありました★豆アジ17cm★…
  3. 1月

    ジギング釣果★底から2メートル(3シャクリ目)ぐらいでアタリがありました★ヒラマ…
  4. 10月

    ジギング釣果★1投目のフォール中(中層)でアタリがありました★サゴシ50cm★佐…
  5. 11月

    ジギング釣果★底から7メートルぐらいで引っかかりました★サバ22cm★佐賀県唐津…
PAGE TOP