タイ

テンヤ釣りを始めよう♪PART11★潮の流れが早い時の対応~実釣編~

テンヤ釣りのポイントは様々です。

湾内のイカダに係留して釣る場合もあれば、シーアンカーで一定の場所を釣る場合や
ドテラ流しで風の向くまま潮の向くままに釣る場合もあります。

 

テンヤ釣りの経験のない方が、最初にぶち当たるのが潮の流れが早い場合です。

 

乗合船で一緒に行くと、テンヤ釣り初めての方がよく口にするのが↓

潮の流れが早くて釣りにならん!!!!

スポンサードリンク

 

 

■潮の流れが早い場合の対処法

・おもりを重くする。
・細めのラインをまいたリールにチェンジする。
・サミングする。

この3つです。

 

■おもりを重くする。

竿とのバランスを考えないと、あまり重くしすぎても釣りになりません。
使っていたおもりのワンランク上で様子を見て、それでも流されるようなら、
もうワンランク上という風に、1つずつウエイトをあげていきます。

 

■細めのラインをまいたリールにチェンジする。

替えのリールを持っていっていなければ、対処のしようがありませんが
PEラインで0.6~1号を目安に巻いていれば、これ以上細くする必要はありません。

逆にラインブレイクのきっかけになるので、0.6号未満は使わないようにしてください。

 

■サミングする。

サミングとは?
仕掛けを海底に落としている最中に、出ていくラインを指で押さえて、
ラインの出方を調整する動作のことを言います。

ラインを出している時に、サミングをすると、おもりは潮の流れに逆らって垂直になろうとします。
これを繰り返すことで仕掛けが潮で流されるのを軽減することができます。

 

テンヤ釣りは潮の流れとの戦いとも言えますので、
ぜひこのテクニックを覚えておいてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事

  1. タイ

    テンヤ釣りを始めよう♪PART5 ~自作のテンヤ仕掛けを作る・自作テンヤの作り方~

    最終的には上の画像のやつが出来上がります。簡単です。作り始めると5…

  2. 10月

    ジギング釣果★底から3メートルぐらいでアタリがありました★真鯛63cm★佐賀県唐津市・加唐島・北沖★…

    釣れたジグ:クランキー(シーフロアコントロール)/シルバーゼブラグロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. 12月

    ジギング釣果★底から11メートルぐらいでアタリがありました★ハマチ64cm★佐賀…
  2. 4月

    アジング釣果★岸から5メートル付近の下層でアタリがありました★メバル17cm★福…
  3. 3月

    アジング釣果★やっと本命アジ!岸から7メートル付近の中層でアタリがありました★豆…
  4. 4月

    アジング釣果★岸から15メートル付近の中層でアタリがありました★豆アジ17cm★…
  5. 10月

    ジギング釣果★底から8メートルぐらいでアタリがありました★ヒラマサ63cm★佐賀…
PAGE TOP